駐車違反の罰金10万5000ドル

米イリノイ州シカゴ市の女性、ジェニファー・フィッツジェラルドさんが空港の駐車場に違法駐車をし、シカゴ市より罰金10万5000ドルを科せられた件で、訴訟を起こしていることが判明した。ジェニファーさんの車はシカゴのオヘア国際空港の従業員用駐車場に約3 年間、違法に駐車されており、その間、警察が無数の違反チケットを発券したために巨額の罰金となったのだという。州裁判所の判事は4月10日、シカゴ市当局とジェニファーさんの双方に、「裁判によらず、話し合いでこの問題を解決するように」と勧告した。

ジェニファーさんは、車は以前に交際していた男性により空港の従業員用駐車場に置き去りにされたものであること、また、車の価値は600 ドル相当であるとし、10万ドル以上の罰金を支払う義務はないと主張している。



(4月19日号記事)