オンタリオ州南部に超高速鉄道建設の計画

(2017年5月5日号記事)


4月25日、オンタリオ州政府が5月中にオンタリオ州南部の主要都市間を結ぶ超高速鉄道建設の計画書を発表することが明らかになった。スティーブン・デルデューカ運輸相が州議会で発表するとされている超高速鉄道建設計画は、トロント、キッチナー、ウォータールー、ロンドン、ウィンザー間を結ぶもので、近年、車の交通量が急増している州内の幹線道路の渋滞などを緩和することを目的としている。そしてこれは、州政府が向こう10年間で計1,300億ドルの巨費を投じるインフラストラクチャー改善計画の一端を担うものになる。キャサリン・ウィン州首相は「2015年にデイビッド・コルネット前運輸相が立案し実現化に取り組んでいた超高速鉄道計画は、私自身もその推進に力を注いでいる」と語った。なお、この計画には、連邦政府も加担することになっている。