トロント地下鉄内は外気の10倍の汚染

(2017年5月5日号記事)


4月25日、トロント市地下鉄内の空気汚染度に関する最新の研究結果が公表された。この研究は2010年の夏と2011年の冬の計3週間、トロント市の地下鉄システムのプラットホーム上と車両内で、プラットホームや車内から採集した空気中のほこり、ちり、公害物質などを分析したもの。研究に加わったトロント大学工学部のグレッグ・エバンス教授は「トロント市の地下鉄内の空気は外気と比べて10倍も汚染されており、北京の空気汚染度のひどさに匹敵する」と結論付けた。この研究では、トロント市の地下鉄の空気汚染度はモントリオールの地下鉄よりも3倍も高いことも明らかになった。また、バンクーバーのスカイトレインがカナダで最高の数値を保っていることも指摘されている。