167日間連続氷点下以下の都市

(2018年5月11日号記事)


今季のトロントの寒さ、冬の厳しさ、長さは尋常ではないと思っている方々に、広いカナダにはもっと辛い冬を過ごしている人々がいることを知って少しの慰めになればというニュース。4月13日、アルバータ州エドモントン市は「連続氷点下日史上最長記録」を更新した。この日は最高気温がマイナス2度、体感気温がマイナス6度で、昨年10月29日から167日間連続氷点下以下という、同市の史上記録を塗り替えた。6か月間、毎日気温が0度以上にならなかったということになる。これまでの同市の最長記録は1974年から75年にかけて樹立されたもので、166日間連続で氷点下以下の気温が続いた。4月13日には氷点下以下の気温にも関わらず、市内のインドアのガーデンセンターに赴いて春の花々をめでる市民らの姿が多く見られたという。