レイア姫のフィッシャーさん母子死去

(2017年1月6日号記事)


人気映画「スター・ウォーズ」のレイア姫で知られる、米女優キャリー・フィッシャーさんが12月27日亡くなった。60歳だった。フィッシャーさんは12月23日、ロンドンからロサンゼルスに向かっていた飛行機内で心臓発作を起こし、そのまま病院に搬送され入院中に死去した。フィッシャーさんは15歳でブロードウェイの舞台に立ち、17歳で映画『シャンプー』でデビュー。1977年に公開された『スター・ウォーズ/新たなる希望』でヒロインのレイア姫を演じ国際的なスターとなった。また、フィッシャーさんが亡くなった翌日の28日、フィッシャーさんの母親で女優のデビー・レイノルズさんも亡くなった。84歳だった。レイノルズさんは1952年のミュージカル映画『雨に唄えば』で主演を務め、一躍脚光を浴びた。