NYのイースト・リバーで鯨を確認

(2017年1月6日号記事)


12月31日朝、米ニューヨーク市の沿岸をパトロールしていた市警察のボートがイースト・リバーを遊泳中の鯨を1頭発見、写真を撮影して市警察のツイッターに投稿した。警官が鯨を撮影した場所は、マンハッタンのアッパー・イーストサイドに沿ったところで、ニューヨーク市長が住むグレーシー・マンションに近い所だとされている。米沿岸警備隊の関係者は「直接その鯨を見たわけではないが、公表された写真を見る限りザトウクジラだと思われる」と述べている。沿岸警備隊は「鯨がいるのを目撃した場合は、付近を航行中のボートやヨットなどに鯨と衝突しないように注意するように呼び掛けている。小型船舶が多く利用する水路なので鯨の保護のためにも警告が必要だ」としている。