ジェイズのコラベロ選手、出場停止処分

(2016年5月6日号記事)


MLBトロント・ブルージェイズのクリス・コラベロ選手(32)が尿検査の結果、検体から筋肉増強剤が検出され、4月22日、薬物規定違反で80試合の出場停止処分が科された。これによりコラベロ選手は今季の年棒52万1,126米ドルのうち、22万7,891米ドルを失うことになる。検出されたのはTurinabol という名称で販売されている筋肉増強剤で、フィラデルフィア・フィリーズのダニエル・スタンフ投手も同じ薬物使用が発覚して、出場停止の処分を科せられていた。ブルージェイズのロス・アトキンス監督は、「コラベロ選手の人柄を知るだけに、彼に対する同情と大きな失望感が入り混じった複雑な心境だ」と語った。