女子 サッカー、米国が勝利

6月2日、トロント市のBMOフィールドにて女子サッカーカナダ対アメリカの親善試合が行なわれた。チケットは完売し、当日会場には2万2453人の観客が詰め掛けた。先 制ゴールは試合開始70分に、米国のエース、アレックス・モーガン選手(23)が決め、同選手はその2分後にも再び加点。さらに試合終了直前にはカナダ出身で米国チームに所属するシドニー・ルルー選手(23)によるゴールで、3対0となり、試合は米国の完勝であった。
カナダと米国はこれまで計53回の国際試合で対戦、カナダが3勝45 敗5引き分けと大きく負け越している。なお、最後にカナダが米国に勝ったのは2001年のアルガルヴェ・カップである。



(6月7日号記事)