バスタブに70時間閉じ込められた女性

(2018年6月8日号記事)


トロント市北郊ブラッドフォード市で「約70時間自宅のバスタブの中に閉じ込められていた女性(69)が地元警察などによって救出された」というニュースが、5月24日報じられた。女性の友人から「何度連絡しても応答がなく、様子がおかしい」と通報を受けた警察が23日夜に女性宅を訪れたところ、玄関は施錠され、中は真っ暗。警官が家の裏に回ると、2階の1つの窓ガラスの中が点灯されていた。警官が家の玄関を蹴破って中に入り、階上のバスルームで女性がバスタブの中で動けなくなっているのを発見。なぜバスタブの中から出られなかったのか詳細は不明だが、女性は「インフルエンザにかかり風呂に入ったらそのまま体を起こすことができなくなった。3日間、バスタブの蛇口から出る水だけ飲んでいた」と説明しているそうだ。また「ウォーク・イン型のバスタブに取り換える」と言っていたという。