トロント西部のギャング一斉逮捕

6月13日早朝、トロント市西部ディクソン通りのアパートに警察が強制捜査を実施。43人が逮捕され、計40丁の銃器類と300万ドル相当の麻薬類が押収された。この件 に関連した同様の捜査はオンタリオ州ウィンザー市やアルバータ州エドモントン市にまで及んでいるという。捜査の対象となったのは、トロント市西部で麻薬や銃器類の密売買を巡り抗争を続けていたギャングの、ディクソン・シティ・ブラッズとディクソン・グーニーズのメンバー。逮捕者の中には、トロント市のロブ・フォード市長と共にコカインを吸引する姿が撮影されていたムハンマド・カタック容疑者も含まれているという。
同市警察長のビル・ブレア氏は押収された証拠品とフォード市長の一連のコカイン吸引疑惑との関連性については言及せず、「法廷で全てが明らかになる」と述べるに留めている。



(6月21日号記事)