昨年のシリア難民の受け入れは6,000人

(2016年1月8日号記事)


カナダ連邦政府は昨年12月31日までに1万人のシリア難民をカナダに受け入れると発表していたが、期日までに6,000人余りのシリア難民のみがカナダに到着したことが明らかとなった。ジョン・マッカラム移民・難民・市民権大臣は、12月31日に記者会見を行ない、「2週間以内に1万人を受け入れるという目標は達成できる」と語った。政府は先の総選挙キャンペーン中に「2万5,000人のシリア難民受け入れを2016年1月1日までに完了させる」と公約していたが、その後、「検討した結果、12月31日までに1万人を受け入れることにする」と変更していた。マッカラム大臣は、シリア難民がカナダ政府が求めるほど早くシリアを出たがらないことと、冬の天候に加え、レバノンとトルコから出国ビザを取得するのが困難であること、健康診断を実施するのが遅れたことなどが、プログラム実施の遅れに関係していると述べた。