極右集会、反対派に圧倒される

(2017年9月8日号記事)


[Politocs]
8月12日、米シャーロッツビルで起きた白人至上主義者と反対派の衝突事件では、死者1人、重軽傷者数10人が出たが、8月19日午後、バンクーバー市庁舎前広場で極右グループが「アンチ・イスラム」「カナダ政府の移民政策反対」などの目的で開こうとした集会には、圧倒的多数の反対派が対抗して集まった。報道によると、集会に反対するために集まった数は約4000人に膨れ上がったとしている。両派互いに大声でけなし合う状態が始まり緊張した空気に包まれたが、バンクーバー市警官隊が数人のネオナチメンバーを会場外に連れ出し騒ぎは収まった。警察の発表によると、計5人の集会参加者が迷惑行為、公務執行妨害などで逮捕され、暴力行為はなく負傷者も出ていないとされている。