リム牧師、北朝鮮から解放され帰国

(2017年9月8日号記事)


[Others]
朝鮮中央通信(KNCA)が8月10 日、「北朝鮮に拘束されていたカナダ人牧師のヒョンス・リム氏(62)が病気のため、中央裁判所の決定により人道的見地に基づき釈放された」と報道。韓国系カナダ人のリム牧師は北朝鮮での人道的な救済事業などを展開するため過去に100 回以上、同国を訪問していたが、2015 年12 月に国家転覆を図ったとして拘束され裁判で有罪となり、無期労働教化刑に服していた。拘束中にリム氏の健康状態が悪化し、体重も減少していたとされる。カナダ政府が平壌を訪れ、リム氏の解放交渉を行った結果、8月9日に釈放され、12 日にカナダに帰国した。13 日朝にリム牧師はミシサガ市ライト・コリアン・プレスビテリアン教会の礼拝に出席し、信徒からの大歓迎を受けた。リム牧師は「このように皆さんと一緒に礼拝できるのはすべて神の恵みと感謝しています。私の解放のために尽力してくれたトルドー首相と政府の皆さんに感謝します。私はカナダ人であることを誇りに思っています」と述べた。