大学生ら未成年へのレイプ賞賛

ノバスコシア州ハリファックス市セント・メアリーズ大学で新学期のオリエンテーション期間中に、学生たちが未成年者へのレイプを称える映像がオンライン上に流出した。これは9月4日に「Instagram」に投稿された15秒間の映像から明らかになったもので、オリエンテーション中に学生らが「未成年の少女との合意なしの性行為が、セント・メアリーズ大学の男子学生の性的嗜好」などと唱える様子が映し出されていた。
この映像に対し学内外からは責任者への処罰を求める声が沸騰。このため6日には、学生組合の会長ジャレード・ペリー氏が辞任を表明。さらに大学側は学生2人が懲戒処分となると発表している。



(9月20日号記事)