GTA居住の黒人の50%以上が警官から訊問

(2017年8月11日号記事)


グレータートロントエリア(GTA)の黒人コミュニティと警察との関係について過去7年間にわたって調査した「The Black Experience Project」の内容が7月19日、公表された。プロジェクトの主要テーマは「GTAで黒人であるということは何を意味するか?」だが、昨年12月にトロント市東郊ホイットビーで20歳の黒人男性がトロント市警察の警官に殴打され片目を失明し、鼻、あご、手首などにも傷を負った事件において、加害者であった警官が、この調査結果が公表された日の前日に起訴されている。このプロジェクトの調査結果によると、黒人コミュニティの調査対象者の50%以上が「公の場で警官から呼び止められ訊問されたことがある」と回答しており、25~44歳の男性に限ると約80%の回答者が同じ扱いを受けたことがあると答えている。また、GTAに居住する黒人の総人口が現在の40万人以上としているが、これはカナダ全国における黒人人口のほぼ半数に当たる。過去30年でカナダの黒人人口は3倍に増えているという。