米、トランス脂肪酸を規制

米食品医薬品局(FDA)は11月7日、クッキーやクラッカーを含む多くの菓子類に使用されているトランス脂肪酸を規制し、将来的には全面禁止にする方針を発表した。FDAの代表者は「これにより米国内で年間2万件と言われる心臓発作の発生件数、さらに7000人とも言われる心臓病関連死者数を大幅に減らせる」と語っている。食品メーカーにとっては、トランス脂肪酸の使用で食品の賞味期限を長く保てるという利点があるものの、消費者にとってはリポタンパク質の増加を助長させる成分であり、血管を詰まらせ 心臓疾患などを発症させる原因の1つになっているとFDAは警告している。カナダの消費者団体ではこの発表に対し、米国からの食品を多く輸入するカナダに良い影響をもたらすと歓迎している。



(11月15日号記事)