3日間で3人の将兵が自殺

(2013年12月6日号記事)


11月下旬の3日間で、元カナダ軍将兵3人が自殺したことが明らかとなった。11月25日に死亡したのはウィリアム・エリオット元上級伍長とトラビス・ハルムラスト元砲兵下士官の2人。27日にはマイケル・マクニール元准尉が死亡している。3人はアフガニスタンに派兵された経験があった。この事件を受け、心的外傷後ストレス障害(PTSD)に苦しむ元将兵らに対し十分な治療が施されていたかなどの問題が浮上。カナダ政府は、全軍将兵の精神衛生面のケアに関して、年間3860万ドルの予算を組んでいるが、今回、さらに1140万ドルを追加すると発表している。