中国人学生、誘拐劇で行方不明に

(2017年12月8日号記事)


11月8日から10日前後にかけて、トロント市内に住む3人の若い中国人学生らが行方不明になった事件で、市警察が捜査を進めていた。11日夜に3人のうちの1人ジ、ャンウェン・ザング氏(20)が警察に連絡を取り無事が確認。市警察によると3人は、中国の家族から身代金をせしめようと企んだ何者かから「どこかに身を隠し携帯電話の使用をやめ、すべてのソーシャルメディアにアクセスするな。さもないと中国にいる家族に危害を加える」と脅迫されたとしている。その上で犯罪者は中国の家族に「子供を誘拐した。子供を返して欲しければ身代金を払え」と要求していたと見られる。12日になって行方不明になっていたユエ・リウ氏(17)がモントリオールで無事が確認され、最後の1人キ・シュー氏(16)も13日に無事が分かった。警察では3人から事情を聴取し、誘拐劇を企んだ者、あるいはグループの捜査を進めるとしている。