旧オンタリオ・プレイスに新公園が誕生

(2017年7月14日号記事)


オンタリオ湖畔にある旧オンタリオ・プレイスが、6月19日にクリエーショナル・トレイルとして再デビューを飾った。1971年に州立のテーマパークとして誕生したオンタリオ・プレイスだったが、近年は訪れる人の数が激減したため、2012年に閉鎖。今回、同所の全域再活性化計画の一部として、約7.5エーカーにあたる元駐車場部分を中心に再開発、約1200本の樹木を擁する公園、トリリアム・パークに生まれ変わった。この公園の中に、旧オンタリオ・プレイスがオープンした当時の州首相の名前を冠した長さ約1.3キロのトレイル「ウィリアム・G・デービス・トレイル」が誕生。ウォーターフロントからダウンタウンの摩天楼を眺めることができる、そぞろ歩きの名所になりそうだ。残りの部分に関しては、開閉式屋根付きウォーターパーク、カジノ、コンドなどの計画が浮上したが未決定。州政府は現時点ではコンドの建設は認めないとしている。