トリー市長、エアコンなしの地下鉄実体験

(2016年9月16日号記事)


トロント交通局(TTC)の地下鉄にエアコンが作動しない車両が多数あり乗客が不快な思いをしている、という訴えを市民から受けたジョン・トリー市長が、9月7日、ブロア・ダンフォース線のケネディ駅からキプリング駅までエアコンのない地下鉄に乗り実体験をした。トリー市長はこの件を訴えたビアンカ・スペンスさんと共に乗車したが、トンネルの中で地下鉄が停車したり、乗客が具合が悪くなり発車が遅れたりとトラブルが発生。市長は、「TTCの利用者が日常的に体験している様々な不快なことを自分も体験させてもらった」と語った。TTCの25%の地下鉄車両のエアコンが全面的に故障か一部のみ稼働している。TTCでは、「修理は日常的に進められており、この問題は来年までに解決される見通し」と話している。