トロントの神経外科医が妻を殺害

(2016年12月16日号記事)


トロント市の医師イレーナ・フリック・シャムジさん(40)が11月30日から行方不明になり、母親により捜索願いが出されたが、翌日イレーナさんの遺体がスーツケースに入れられて、トロント市北部の道路上に放置されているのが発見された。イレーナさんの死因は窒息と鈍器状の凶器による打撃によるものと見られている。そして12月2日、イレーナさんの夫の神経外科医モハメド・シャムジ容疑者(40)が逮捕された。2人は10年以上前に結婚し3人の子どもがいたが、事件の起きた週の初めにイレーナさんの方から離婚届が出されていたと報道されている。イレーナさんは米ノースカロライナ州のデューク大学、オタワ大学を卒業して医師となり、トロント市のスカボロー総合病院でファミリードクターとして勤務、トロント大学医学部で準教授として教鞭も取っていた。シャムジ容疑者はトロント・ウエスタン病院で神経外科医として勤務しており、やはりトロント大学医学部で準教授を務めていた。