大都市でチャイルドケア費用高騰

(2016年12月16日号記事)


12月12日、「Canadian Centre for Policy Alternatives(CCPA)」の新たな調査報告書により、2014年以降、カナダ人のチャイルドケアの費用が1,000ドル程上昇していることが明らかとなった。この調査はカナダの28都市で幼児や乳児らに掛かるチャイルドケアの費用を調べるもの。この中で特にトロント市の数値が最も高く、幼児のチャイルドケアに一月で平均1,649ドルの費用が掛かっている。続いて2位はバンクーバー市で1,321ドル、3位はカルガリー市で1,102ドル。一方、ケベック州では州政府によりチャイルドケアの価格が規定されているため、モントリオール市では一月で平均164ドル、ラバル市やケベックシティでも平均179ドルという結果になった。そして低所得者に対するチャイルドケア費用の支援に関しては、オンタリオ州では月わずか90ドルしか支給していないことも発表された。