CFLの選手、ニューオーリンズ近郊で射殺

(2016年12月16日号記事)


カナディアン・フットボール・リーグ(CFL)、サスカチュワン・ラフライダーズのジョー・マクナイト選手(28)が、12月1日午後、米ルイジアナ州ニューオーリンズ近郊で車を運転中、他の車を運転していた男との間で喧嘩となり、拳銃で撃たれ死亡した。この事件でロナルド・ギャッサー容疑者(54)が逮捕された。地元の警察当局は、「どちらかの車が急に割り込んだことから喧嘩に発展。ギャッサー容疑者が車外に出ていたマクナイトさんに拳銃を3回発砲し射殺した」としている。目撃者の話では拳銃が発砲される前に両者の間で激しい口論が交わされていたという。