TTCバスとストリート・カー、ダイヤ守らず

(2016年3月18日号記事)


公共交通機関アプリ「Swiftly」が今年1月から2月にかけての4週間の間に収集したデータによると、トロント交通局(TTC)のバス、ストリートカーは平均53%の割合で定刻通りに運行していないということが明らかになった。特にスパダイナ線のストリート・カーは、定刻通りに来るのは4回に1回の割合だという。今回の調査結果でワースト1位に選ばれたのは「510スパダイナ」で定刻通りに到着する割合は24.9%となっている。以下2位「502ダウンタウナー」の26.2%、3位「46マーティングローブ」の31.2%、4位「304キング」の32%、5位「509ハーバーフロント」の33.7%の順。これに対しTTC側は3月10日、「Swiftly のデータは正しくない。TTCの大多数のバス、ストリート・カーは定刻通りに運行されている」と反論した。