ジェイズファンの過激ツイッターで警告

(2016年3月18日号記事)


MLBトロント・ブルージェイズのファンでオンタリオ州キッチナー市在住のニコラス・カルショームさん(24)が2月22日、ツイッターで「ジェイズの強打者ホセ・バティスタ選手の契約更改で、球団がバティスタ選手が納得のいく契約金のオファーを提示しなければ、球団のオーナーであるロジャースの元最高経営責任者テッド・ロジャース氏の銅像をオンタリオ湖に投げ込んでやる」と投稿。これを受け3月12日、ウォータールー地方警察の警官がカルショームさんの自宅を訪れていたことが明らかとなった。警察はこの件ではカルショームさんを告発せず、口頭で警告を与えるのみに留めた。しかしカルショームさんは「バティスタ選手に対し高い契約金を出し渋る球団の態度に腹を立ててツイッターに書いたまで。警察が家まで来て警告を与えるのは行き過ぎではないか」と語っている。