2025年の万博にトロント立候補せず

(2016年11月18日号記事)


2025年万国博覧会(通称:万博)の開催都市としてトロントが立候補するかについて11月9日、トロント市議会で審議・採決が行なわれ、賛成10、反対29で立候補は見送りとなった。この市議会本会議の2週間前に行なわれた特別小委員会において、「トロント市で万博を開催した場合、諸経費の合計が利益を上回ると見られる」との市担当部署からの報告がされていた。担当部署の試算によると、万博を開催すると国内総生産は33億ドル増、観光関連の利益は32億ドル増となり計65億ドル増が見込まれるが、諸経費は70億ドルに達すると報告されていた。トロント市長のジョン・トリー氏は、「万博開催にはそれなりのメリットがあるが、市内の交通網整備のために巨額の歳出を抱えている状況下で、万博は優先課題ではない」とコメントした。