MLS東部カンファレンス決勝にトロント進出

(2016年11月18日号記事)


11月6日夜、北米のメジャーリーグサッカー(MLS)プレーオフの東部カンファレンス準決勝シリーズのトロントFC対ニューヨークシティFC戦がニューヨーク市のヤンキースタジアムで開催された。2万8,355人の観客を集めて行なわれたこの試合で、トロントのセバスティアン・ジョビンコ選手がハットトリックを達成。さらにジョジ-・アルティドーレ選手とジョナサン・オソリオ選手がそれぞれ1ゴールを挙げ、トロントFCが5対0でニューヨークシティFCに勝利した。これにより東部カンファレンス決勝は、ニューヨーク・レッドブルズを2対1で破ったモントリオール・インパクトとトロントFCの間で行なわれることになった。MLSの東部カンファレンス決勝がカナダの2チーム間で開催されるのは史上初めて。決勝シリーズ初戦は11月22日、モントリオールのオリンピック・スタジアムで行なわれ、第2戦は30日、トロント市のBMOフィールドで実施される。