トロント市などで最低気温記録を更新

(2016年2月19日号記事)


カナダ環境省は2月13日、トロントと周辺の各市に対して異常寒冷気象警報を発令。同環境省によると、トロント市の13日朝の気温はマイナス26℃に達し、体感気温はマイナス41℃と発表された。これは気象観測が始まって以来、史上最低の記録。またトロント市東郊のオシャワ市でも同日、気温はマイナス27℃まで下がり、最低温度記録を更新した。当局は、寒さに耐える十分な服装をせずに長い間、外気に接すると凍傷や低体温症にかかる恐れがあると警告を出した。14日のバレンタインデーもオンタリオ州では寒気団が上空を覆い、州内17の自治体でこれまでの最低気温記録を更新した。トロント市北郊のバリー市ではマイナス33.3℃に達し、1879年の最低気温記録を更新。トロント市の南にあるウェランド市でもマイナス26.9℃まで下がり、1885年に樹立された記録を更新した。