NBAラプターズ、昨季王者に0勝4敗

(2017年5月19日号記事)


米プロバスケットボールNBAの東部カンファレンス準決勝、トロント・ラプターズ対クリーブランド・キャバリアーズの第4試合が5月7日夜、トロントのエア・カナダ・センターで行なわれた。その前の3試合は116対105、125対103、115対94と昨季チャンピオンのキャバリアーズがラプターズに3連勝していた。王手をかけられたラプターズは、サージ・イバカ選手が23ポイントを上げ、デマー・デローゼンが22ポイントを上げるなどの活躍を見せたが、最終的に102対109でキャバリアーズに敗退した。ラプターズが4連敗でプレーオフ敗退を喫したのは、2015年度プレーオフの第1ラウンドでワシントン・ウイザーズに4連敗して以来、初めてのこととなる。昨季の東部カンファレンス決勝でラプターズはキャバリアーズに2勝4敗で敗れており、雪辱はならなかった。キャバリアーズは2シーズン連続でプレーオフ第1、第2ラウンドを8勝0敗、最短期間で勝ち抜いたNBA史上初めてのチームとなった。