教室に侵入し教師と生徒を射殺

(2017年4月21日号記事)


4月10日朝、米カリフォルニア州サンバーナディノの小学校に男が侵入、特殊学級のクラスで教えていた女性教師を射殺。男が撃った銃弾は女性教師の背後にいた2人の男子生徒に当たり、8歳の生徒は死亡、9歳の生徒は重体となった。男はその場で自殺している。警察の調べで、セドリック・アンダーソン容疑者(53)が射殺したのは、別居中の妻キャレン・イレイン・スミスさん(53)と判明した。2人は数か月前に結婚したが、1か月ほど前から別居していた。事件当時、アンダーソン容疑者はスミスさんが勤務する学校に入り、職員に向かって「妻に渡す物がある」と言ったという。その後、教室に入り、無言でスミスさんを射殺したとされている。同容疑者にはスミスさんとの結婚前に、武器不法所持、家庭内暴力、麻薬関連容疑などの犯罪歴があったとされている。スミスさんの母親の話では、2人は結婚前に4年ほど交際していた模様。