トランプ氏、わいせつ発言で支持急落

(2016年10月21日号記事)


共和党の大統領選候補ドナルド・トランプ氏(70)が女性に関するわいせつな発言を行なった内容のテープが、10月7日に公開された。このテープは2005年、イベントに向かうバスの中でトランプ氏がテレビ番組の司会者ビリー・ブッシュさんと個人的に話した会話を収めたもので、トランプ氏がある女性に魅了され、性的関係を持とうと接近した時のことを低劣な表現を用いて語ったもの。その中でトランプ氏は、「セレブになれば何でも好き勝手できる」とも述べている。このニュースを受け、共和党上院議員の少なくとも3分の1がトランプ氏への支持を撤回。トランプ氏に立候補断念を迫り、他の人物に投票するなどと公然と発言する事態となった。さらに俳優のシュワルツェネッガー前カリフォルニア州知事も不支持を宣言するなど、続々と「反トランプ」の宣言を行なう人々が現れている。