世界に拡大中の“メタルレジスタンス”
BABYMETAL
メタルダンスユニット ベビーメタル (2015年5月1日記事)
Ⓒ Amuse Inc.

アイドル×メタルの融合でオンリー・ワンを目指す

アイドルとメタルの融合をテーマに結成されたメタルダンスユニット BABYMETAL。 2013年1月にリリースしたファースト・シングル「イジメ、ダメ、ゼッタイ」でメジャーデビューを果たすと、瞬く間に人気は海外へ飛び火。その年の夏にワールドツアーを実現した。14年の夏には、レディー・ガガの北米ツアー5公演のサポートアクトに抜擢。続いてモントリオールのメタルフェス「ヘビー・モントリオール」に出演し、4万人の観客を沸かせた。今年になってもその勢いは増すばかりで、1月に発売されたライブアルバム「LIVE AT BUDOKAN~RED NIGHT~」が、アメリカ、イギリス、カナダなど世界各地のiTunesのメタルアルバムのチャートで1位を獲得。5月9日から始まるワールドツアーでは、トロント公演が5月12日に決定。2度目のワールドツアーを控えたBABYMETALに、話を伺う機会を得た。

Ⓒ Amuse Inc.


―自己紹介をお願いします

「SU-METAL Death、YUIMETAL Death、MOAMETAL Death。私たち、BABYMETAL DEATH!」 SU-METAL(以下、SU)「私たちはアイドルとメタルの融合で、ナンバー・ワンではなく、オンリー・ワンを目指して結成されたユニットです。”ベビーメタル“という新しいジャンルで、オンリー・ワンを目指して活動しています」

―まず、5月9日のメキシコ・シティを皮切りに始まるワールドツアーを前にした今の心境を教えてください

SU「ワールドツアーは、去年に続いて2回目になるんですけれども、 メキシコ・シティ、シカゴ、トロントを含め、今回初めて訪れる国や都市での公演もあり、私たちのことを初めて見る方もたくさんいらっしゃるのではないかなと思っています。去年のツアーで、国や都市によってお客さんの盛り上がり方が違うことを発見したので、今回、行ったことのない所で、どんな盛り上がり方になるのか、今からすごく楽しみにしています」

―昨年はレディー・ガガさんのワールドツアーでアメリカ5公演のサポートアクトを務められたことが大きな話題となりましたね。印象に残るエピソードなどを聞かせてください

YUIMETAL(以下、YUI)「レディー・ガガさんのオープニングアクトをさせていただいた時は、大きな規模の会場だったので、ワクワク、ドキドキしました。レディー・ガガさんは、私たちのパフォーマンスをステージの袖で見てくださったりして、すごくフレンドリーな方でした。特に思い出に残るエピソードとしては、レディー・ガガさんの楽屋に行った時に、とても優しく接してくれて、”これからも頑張ってね“と言ってくれたのが印象に残っています」

▲昨年11月のワールドツアーのフィナーレ。ロンドンの「ブリクストン・アカデミー」にてⒸ Amuse Inc.


―レディー・ガガさんとの5公演の後、モントリオールで行なわれたヘヴィメタルの大型フェス「ヘビーモントリオール」がカナダ初公演となりましたが、カナダのファンにはどのような感想を持っていますか?

MOAMETAL(以下、MOA)「観客は4万人くらいいたと聞いていますが、すごく大きな会場だったことを覚えています。はじめて BABYMETALのステージを見てくださった方も、曲数を重ねていくと一緒にキツネサインをしてくださって…。BABYMETALに興味を持ってくれたんだなって、嬉しく思いました」

―海外のフェスなどではベテランアーティストも多数参加しているので、彼らのステージを観る機会も多いかと思います。今後共演したいと思っているアーティストは誰ですか?

MOA「メタリカさんです。私たちの音楽がメタルであることと、昨年、イギリスでのフェスに続き、ヘビーモントリオールでもお会いしたことがあり、ぜひ、コラボレーションでステージに立てたらいいなぁと思っています」

▲昨年7月イギリスのネブワーズで開かれた「ソニスフィア・フェスティバル」にてⒸ Amuse Inc.


― 先程、”キツネサイン“と言われましたが、 BABYMETAL のトレードマークとも言えるキツネのハンドサインはどこから生まれたのですか?

BABYMETAL「…(笑)」

SU「ダンスレッスンの際に、先生に”メロイックサイン(人差し指と小指を立てるメタルやロックのライブでよく見られるジェスチャー)をしてみて“と言われて、写真で見せていただいたんですけど、当時、私たちは全くメタルを知りませんでした。それなので、”あ、キツネさんだ!“と写真を見た瞬間、口走ってキツネのサインをしたら、先生が、”キツネさんでいいか…“って言ってくれて、それが定着しました。海外のライブでは、最初、ファンの人たちがメロイックサインをしていることがあるんですが、それがだんだんキツネに変わっていく様子を見るのが、すごく嬉しいです」

―海外のファンとのコミュニケーションは、英語でされていますか?

YUI「みなさん英語でいっぱい話しかけてくれるんですけど、 YUIMETALはまだ英語が全然しゃべれなくて…。今、勉強しています。早くファンのみなさんと、英語でコミュニケーションが取れるようになりたいと思い頑張っています」

―海外のライブで一番盛り上がる曲は何ですか?

MOA「 国によって一番盛り上がる曲は違うんですけれど、 『イジメ、ダメ、ゼッタイ』は外せない感じがしますね。サビのところで、キツネサインをして”ダメジャンプ“をするんですけど、お客さんも一緒にやってくださって、会場全体が一体化する感じがします。この曲が始まると、自分の中でも気持ちが高まります」

▲左からYUIMETAL、SU-METAL、MOAMETALⒸ Amuse Inc.


―それぞれ、海外ツアーに必ず持っていく物などはありますか?

SU「YUIMETALとMOAMETALの2人はぬいぐるみを持っていって、よく遊んだりしているんですけど、私はノートを必ず持っていくようにしています。外国に行くと、毎回、新しい出会いがあったり、いろんな景色が見られたりするので、それを書き留めて自分の中にとどめておきたいなぁと思っていて。日記みたいな感じです」

―活動開始から短い期間でワールドツアーを実現されましたが、今後の目標を教えてください

SU 「あっという間に海外公演をやらせていただくようになって、自分たちもこの状況が信じられないというような感じです。ですが、まだまだ私たちのことを知らない人たちもいるので、 BABYMETALがもっとみなさんに知られるようになればいいなと思っています」

―最後にトロント公演を楽しみにしているファンへのメッセージをお願いします

MOA「トロントに行くのは初めてですが、私たちの普段通りの良さを届けたいです」

YUI「ライブ自体もすごく久しぶりになるので、海外を含めた今までのライブで発見してきたこと、学んできたことを、ちゃんと生かしたライブにしたいと思っています。リハーサルでいつもやっているように、いつもの自分たちを出すことができれば、海外の人もきっと興味を持ってくれると思うので、メンバーやスタッフさんを信じて、全力を出せたらいいなと思っています」

SU「去年のモントリオールでのライブの盛り上がりが本当にすごかったと今でも記憶にあります。モントリオールとトロントでは、また、ノリが違うのかなとも思いますが、私の中で、カナダというと、めちゃめちゃノリがいいというイメージがありますので、また、”ノリのいいファンに会える!“と思うと、すごく楽しみです。都市の違いもそうですが、ライブというのは1回1回違うものだと思うので、私たちもどんなライブになるのか、すごく楽しみにしています」。


公演情報


5月9日のメキシコ・シティを皮切りに11都市をまわるワールド・ツアー。トロント公演は5月12日に決定。チケットの入手はお早めに!
■ 日 時:5月12日(火)19時〜
■ 場 所:The Danforth Music Hall(147 Danforth Ave.)
■ 入場料:$58.25〜
■ 連絡先:416-778-8163
■ サイト: thedanforth.com


 
 


Biography

BABYMETAL


メンバーはSU-METAL(Vocal, Dance)、YUIMETAL(Scream, Dance)、MOAMETAL(Scream, Dance)。2010年結成。13年1月にシングル「イジメ、ダメ、ゼッタイ」でメジャーデビュー。13年夏~秋には「SUMMER SONIC 2013」を始め国内外野外フェスに多数出演。14年3月、日本武道館ワンマンライブ2デイズを行ない、女性アーティスト史上最年少記録を樹立。1stアルバム「BABYMETAL」が全米ビルボード総合チャートにランクイン。最新ライブアルバムは 「 LIVE AT BUDOKAN~RED NIGHT~」 。

【サイト】オフィシャルサイト www.babymetal.jp