バーチャル・アイドル「初音ミク」の生みの親
Hiroyuki Itoh
クリプトン・フューチャー・メディア株式会社 代表取締役/伊藤 博之(2016年3月18日記事)

創作の連鎖で人気が拡大

リアルな人の歌声を作成できる音声ソフト、ボーカル・アンドロイド=VOCALOID(ボーカロイド)。ヤマハが開発したこのボーカロイドを採用したボーカル音源、そして、作った曲を歌ってくれるバーチャル・キャラクターが『初音ミク』だ。自作の曲を動画サイトに投稿すると、それに感化された別のユーザーが編曲をしたり、動画を付けたり…と創作の連鎖でまたたくまに広まり、誕生以来、その人気を拡大。また、インターネット上に留まらず、発売されたアルバムはオリコン上位を占め、国内、海外でのコンサートも敢行している。今年は、初の日本国内ツアーを5都市で行ない、さらに、4月23日のシアトルを皮切りに、アメリカ8都市をまわるツアー『HATSUNE MIKU EXPO 2016 North America』が始まる。トロントでの公演は、5月20日(金)に予定。今回は、初音ミクを生み出した、クリプトン・フューチャー・メディア株式会社の代表取締役、伊藤博之さんに話を伺う機会を得た。


―大学卒業後は大学職員をされていたそうですが、クリプトン・フューチャー・メディアを立ち上げた経緯をお聞かせください
「会社を立ち上げてから20年経つのですが、元々、音楽を作るのが趣味でした。当時は、コンピュータを使った打ち込みによる曲作りをしていて、サウンドトラック用にいろんな音を自分で作って録音していました。ある時、アメリカの音楽雑誌『Keyboard』に、音源を売ります、という広告を出したのですが、日本でそういうことをしているのが、もの珍しかったのか、いろいろな人から連絡をもらいました。自分の持っている音源を日本で売ってくれ、というようなオファーをいただいたことがきっかけになり、会社を立ち上げました。音源を海外で販売する、ということからスタートした会社でして、音源を販売するビジネスを行なっています。ギターやベース、ドラムなどいろんな楽器のソフトウェアを扱っていますが、歌声も楽器の1つとして作ることがコンピュータでは可能なわけです。それが、ヤマハさんが開発したボーカロイド。これを使った音声ソフトが初音ミクというソフトウェアで、誕生は2007年のことになります」

―バーチャル・シンガーが自分の作った曲を歌ってくれる、というアイデアはどこから生まれたのですか?
「かわいらしい声で歌ってくれるソフトだと、面白がってより多くの人が使ってくれるのではないか、と考え、声優さんの声を使うことにしました。また、作った歌をこういう人が歌ってくれるんですよ、というメッセージを込めて、その声の持ち主をイラストに描いたパッケージにしました。ただ、アニメのイメージを全面に出すと、ちょっと違うものになってしまうと思ったので、できるだけニュートラルなイラストを起用しました」

—ニューヨークやロサンゼルス、また中国やジャカルタなどでもこれまでコンサートを行なってきた初音ミク。国境を越えて多くの人を惹きつけるその1番の魅力はどんなところだと思いますか?
「自分の作品を初音ミクが歌ってくれる、作品を作ったら多くの人に公開できる、ということが人々の興味を惹いたのだと思います。また、一般的にミュージシャンは、テレビやラジオなどといったメディアが活動の中心だと思うのですが、初音ミクの場合はインターネット。インターネットには国境がないわけですから、より広く浸透していったのだと思います」

—伊藤社長は、大学でも教鞭を取られていますが、次世代のクリエイターを目指す若者へアドバイスをお願いします
「とにかく、深くやっていくことなのかな、とは思いますよね。そうするとだんだん視界が開けていくと思うんですよ。“極める”と言葉で言うのは簡単なのですが、実際好きじゃないと、極めるまで続けられないわけですよね。好きなことであれば続けられるし、極めていけるのかな、と思いますね。好きなことを深く追求することが大事です」

—初の北米ツアーにて、5月20日(金)にトロント公演が予定されています。公演を楽しみにしている読者にメッセージをお願いします
「2年前にロサンゼルスとニューヨーク、2か所で公演をしましたが、ツアーとしてアメリカの都市をまわるのは今回が初めてです。どんなことが起こるかはまだ話せないですが、たくさんの方にお越しいただけると思うので、みなさんに喜んで見てもらえることを今、企画しているところです」。


HATSUNE MIKU EXPO 2016 North America
トロント公演
日 時:5月20日(金)20時~
場 所:Sony Centre for the Performing Arts(1 Front St. E.)
入場料:$53.39~
サイト: mikuexpo.com/na2016

 
 


Biography

いとう ひろゆき

北海道大学で職員として勤務後、1995年、クリプトン・フューチャー・メディア株式会社設立し、初音ミクを創出。代表取締役。京都情報大学院大学教授。日本文化を海外に発信している功績が高く評価され,2013年秋、藍綬褒章を受章。

クリプトン・フューチャー・メディア:
www.crypton.co.jp