日本のフィンテック市場を学ぶ

(2018年1月12日)


JETROトロント事務所が主催するセミナー「Japan Fintech Seminar」が2017年10月18日、ザ・リッツ・カールトン・トロントにて行なわれた。
フィンテックことフィナンス・テクノロジーを題材とした同セミナーには、電通国際情報サービスらが運営する日本発のフィンテック拠点地「FINOLAB」から前田さらら氏、みずほフィナンシャルグループから上野育真氏をゲストスピーカーに迎え、日本におけるフィンテック市場の現状と動向を説明した。
前田さらら氏は、FINOLABが取り組んでいるフィンテックスタートアップ企業との共同研究や、フィンテックエコシステムの形成についてを説明し、2020年の東京オリンピックに向けてデジタルシフトを実現していくことを語った。
上野育真氏は日本におけるフィンテック市場が電子マネーや個人財務管理、セキュリティーやビジネスオペレーション、そしてビットコインまであらゆる分野で成長してることを述べた上で、みずほフィナンシャルグループでは実際にどのような取り組みを行なっているのかを説明。
来場者たちは興味深く聞き入り、質疑応答の時間も活発に質問が飛び交った。
カナダのフィンテック企業などは、株式市場において世界で3番目に大きなマーケットを持つ日本の新たな分野の可能性を知り、日本進出を検討する良い機会となっただろう。
〈レポーター/Bits編集部〉

▲ FINOLABの前田さらら氏

▲ みずほフィナンシャルグループの上野育真氏

▲ ジェトロ・トロント事務所のタイソン・ガービ氏

▲ 閉会の挨拶をする、カナダ大使館商務課の市川耕次郎氏




< 日系イベントレポート一覧へ
<日系カレンダーへ