日本の伝統芸能、歌舞伎に触れる

(2017年2月3日)

3月4日までジャパンンファウンデーション・トロントで開催中の浮世絵の展示会「The 47 Ronin in Japanese Prints」。その関連イベントとして1月16日、プログラム・オフィサーの青柳俊明さんによる歌舞伎のトークイベントが行なわれた。全3回の日程からなるこのトークイベントは、「忠臣蔵」をテーマとしたもの。青柳さんは2009年からシネマ歌舞伎を通じて歌舞伎文化を伝える活動をしている。今回のイベントの初日であるこの日は「忠臣蔵」の中でも重要な場面の一つ、松の大廊下の場面の歌舞伎の動画や画像、その場面を描いた浮世絵などを利用して解説した。会場には多くの参加者が出席し、青柳さんの話に熱心に耳を傾けていた。


▲青柳俊明さん(左)


< 日系イベントレポート一覧へ
<日系ニュースへ