ジャパン・ソサエティ主催の中山泰則総領事の講演会

(2015年4月3日)

 

3月25日、First Canadian Placeにて、ジャパン・ソサエティ主催による講演会「Japan's Security Policies」が行なわれた。講演者は中山泰則在トロント日本国総領事。ジャパン・ソサエティは日加関係の発展を目指す団体で、様々な分野からゲストを招いた講演会を開くなどしている。今回終戦70周年ということで、中山総領事が、日本の安全と防衛における政策や、自衛隊のあり方について話した。冒頭で、ジャパン・ソサエティ会長である、ベン・シプリエティさんが挨拶をした後、中山総領事の講演が始まった。



▲ベン・シプリエティさん

▲中山総領事

講演会では、終戦後、日本の自衛隊がどのようにして成り立ったのか、そして今後どのような方向に向かうのかを英語で説明した。プレゼンテーション形式の会では、憲法第9条における自衛に関する条項をパワーポイントで確認後、その経緯についても語った。

グラフを用いたスライドでは、他国と日本との自衛に使われる費用の違いについても言及した。日系企業の社長や関係者、弁護士など、参加者も多岐にわたり、中山総領事の話に熱心を耳を傾けていた。



< 日系イベントレポート一覧へ
<日系ニュースへ