観客を魅了! 三味線と和太鼓のコンサート

(2015年5月1日)

 

4月16日、日系文化会館にて津軽三味線奏者の山口晃司さんと和太鼓奏者の笛木良彦さんのライブコンサートが行なわれた。山口さんのトロント公演は2回目。今回は笛木さんが加わり、ドラムセットのように和太鼓やシンバルを並べた斬新なスタイルで演奏し、2人の掛け合いが注目のコラボレーションコンサートとなった。オープニングには民謡「津軽じょんがら節」とオリジナル曲の「シルクハット」を演奏。厳かな伝統芸能のイメージを覆すエネルギッシュでリズミカルな演奏に、会場は一気に惹きつけられた。


他に民謡や童謡、80年代を代表するロックバンド、ニルヴァーナのヒット曲「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット」を披露。観客は日系人のほか地元カナダ人も多く、繊細な音色には耳を澄まし、高速なテクニックが披露されると歓声とともに大きな拍手を送った。洗練された技術と2人のオリジナリティが加わったステージはまさしく“日本の伝統芸能に革命を起こす”コンサートとなった。

< 日系イベントレポート一覧へ
<日系ニュースへ