トロント紅白歌合戦盛況に終わる

(2017年1月6日)

 

第51回目を迎えるトロント紅白歌合戦が12月10日、日系文化会館にて行なわれた。今回の出場者は紅組・白組各14組計28組で、紅組が福川恵美さん、白組が渡部工次郎さんの司会により進められた。当日は、歌だけでなく趣向を凝らしたパフォーマンスや舞踊、ダンス、演劇などが披露された。今回はトロント紅白歌合戦史上初のラップ楽曲を披露した出場者や、第2回開催以降、長きにわたり出演し続け、今回の出場をもって最後とする狩野裕子さんなどが出場した。 審査員の投票の結果、今年は白組が優勝し、白組司会の渡部さんは涙を見せた。今回のトロント紅白歌合戦の収益金の一部が今年4月に発生した熊本地震の復興のための募金に回されることになり、応援合戦では被災地の応援として熊本発祥の踊り「おてもやん」が披露された。収益金は熊本地震の被災地に2,500ドル、日系文化会館に4,000ドル、ジャパニーズ・ソーシャル・サービス(JSS)に1,000ドル、もみじヘルスケア協会に1,000ドル配分される。



< 日系イベントレポート一覧へ
<日系ニュースへ