オタワで映画「長面 きえた故郷」上映

(2015年6月5日)

 

5 月8 日にオタワの在カナダ日本国大使館の講堂で、東日本大震災に関するドキュメンタリー映画「長面 きえた故郷」の上映会が行なわれた。この映画は、大きな被害を受けた宮城県石巻市長面に震災の直後帰郷したモガール和子さんに、石原牧子監督が同行し撮影したもの。


▲挨拶をする石原牧子監督

今回の上映会では、在カナダ日本国大使館の門司健次郎大使が挨拶しカナダの人々からの復興に対する支援に感謝の意を述べた。
▲挨拶をする門司健次郎大使

会場は満員で本編が上映されると、集まった約100 人の観客が真剣な面持ちで本作品を鑑賞していた。上映後の質疑応答では、撮影時の様子や、現在の被災地について尋ねるなど多くの質問がなされた。
▲質問に答えるモガールさん(左)と石原監督

▲左から門司大使夫人、モガールさん、石原監督、門司大使


< 日系イベントレポート一覧へ
<日系ニュースへ