TIFFに日本から 人気俳優・監督が登場!

(2016年10月7日)

 

9月8日から18日まで開催されたトロント国際映画祭(TIFF)では世界中から多くの作品が集まり、日本の作品も上映され、著名な俳優や監督がトロントを訪れた。特に10日には、日本の公開日に先立った『怒り』の上映に合わせて主演の渡辺謙さんと宮崎あおいさん、さらに李相日監督が来加して注目を集めた。また17日真夜中から行なわれた「ミッドナイト・マッドネス」では『貞子vs伽椰子』が上映され、登場キャラクターの貞子と伽椰子が劇中の衣装とメイクでレッドカーペットと舞台挨拶に現れ話題となった。さらに『ダゲレオタイプの女』を全編フランス語で撮影した黒沢清監督も出演者らと共にレッドカーペットに登場。また『海よりもまだ深く』を発表した是枝裕和監督も昨年に引き続きトロントを訪れた。


▲左から宮崎あおいさん、渡辺謙さん、李相日監督

▲左からタハール・ラヒムさん、黒沢清監督、コンスタンス・ルソーさん

▲映画のキャラクターの貞子(左)と伽椰子(右)


< 日系イベントレポート一覧へ
<日系ニュースへ