被災児童支援チャリティ・パーティー

(2014年7月18日)


 

東日本大震災被災児童自立支援プロジェクト「Support Our Kids(SOK)」の一環である、チャリティ・ガーデン・パーティーが7 月4 日に開催された。SOK は、2011 年に起きた東日本大震災で被災した子どもたちを支援するもので、カナダやアメリカ、フランスなど各国に被災児童を招くホームステイプログラムなどを行なっている。この日のガーン・パーティーはSOKトロント実行委員長で新風義塾代表の瀬戸山久子さんが中心となり、トロント日系文化会館理事長のゲーリー川口氏やトロント・フォレストヒル・ロータリークラブの後援のもと実現した。

▲左からゲーリー川口さん、瀬戸山久子さん、トロント・フォレストヒル・ロータリークラブのIosif CiosaさんとMichael Lloydさん

オンタリオ湖を望む広々とした会場には、お寿司や焼きそばといった日本食の屋台が並び、ステージでは歌やダンスのパフォーマンスが披露され、訪れた人たちは思い思いにチャリティ・パーティを楽しんでいた。






集められた寄付金は、8月7日(木)にトロントを訪れる子どもたちの支援費用に当てられる。

< 日系イベントレポート一覧へ
<日系ニュースへ