日系文化会館にて日本映画祭が開幕

(2017年6月16日)


6月8日から日系文化会館にて、毎年恒例のトロント日本映画祭(TJFF)が始まった。今年で6回目を迎えるこの映画祭では、日本で話題となった作品が英語字幕付きで上映される。今年は最終日の8月20日までの間に28本の映画が上映される予定となっている。初日の8日にはオープニングレセプションと『海賊と呼ばれた男』の上映が行なわれた。オープニングレセプションでは中山泰則総領事によるスピーチが行なわれたほか、参加者に日本食や日本のアルコール類が振る舞われた。また映画上映直前には日系文化会館館長、ジェームズ・ヘロン氏と、『海賊と呼ばれた男』の山崎貴映画監督によるスピーチがあり、映画終了後には山崎監督への質問タイムが設けられた。山崎監督は制作秘話や裏話などをユーモアたっぷりに話し、会場は何度も笑いに包まれた。さらに上映会終了後も山崎監督はファンからのサインや握手、写真撮影のリクエストに対してにこやかに応え、参加者たちは大いに満足した様子だった。



▲ 山崎貴監督

< 日系イベントレポート一覧へ
<日系カレンダーへ