委任状と遺言状作成についてのセミナー

(2017年4月21日)


ジャパニーズ・ソーシャル・サービス(JSS)主催の「子育て世代のための委任状と遺言状セミナー」が3月23日、日系文化会館で開催された。講師はPallett Valo LLPのスミス希美弁護士が務めた。委任状は自分の意思能力が低下した時に、財産管理や身体の世話などに関する意思決定を委ねる代理人を選定するためのもの。遺言状は死後の財産分配の指定や、未成年者の後見人指名の希望を伝えるための法律文書だ。セミナーでは、委任状や遺言状とは何か、代理人や遺言執行者の選定方法、これらの文書作成時の注意点などが具体例を交え説明された。スミス弁護士は、これらの文書を前もって準備することで、突然の事故や不幸が起こった時に自分の意思を反映したり、家族を守ることに繋がると述べた。受講者はメモを取りながら積極的に質問をし、真剣に耳を傾けていた。




▲講師のスミス希美弁護士

< 日系イベントレポート一覧へ
<日系カレンダーへ