Honda Indy Toronto

歓声と轟音が鳴り響く
迫力のインディカ-・レース

Ⓒ Miho Takaya

7月12日から14日にかけてエキシビション・プレイスで開催された「ホンダ・インディ・トロント」。本大会では、IZOD インディカー・シリーズがトロント初のダブルヘッダーで開催された。これにより第12戦と第13戦が連日行なわれ、緊迫したレース展開にモーターファンは熱狂していた。
レースは終始安定した走りを見せたニュージーランドのスコット・ディクソン選手が連続優勝。ディクソン選手は前週のポコノも制しており、今季3連勝を飾った。またフランスのセバスチャン・ブルデー選手も各戦2位と3位に入賞し、表彰台に上った。なお、今年4月にロングビーチで優勝し活躍が期待されていた佐藤琢磨選手は、第12戦はエンジントラブルにより途中リタイアで最下位の24位。第13戦もゴール直前でクラッシュに巻き込まれリタイアとなり、20位に終わっている。会場ではインディカー・シリーズ以外のレースのほか、ドライバーによるサイン会や、タイヤ交換を競うチャレンジなどが行なわれ、訪れた人々は様々なイベントを楽しんでいた。

Ⓒ Yoshihiro Uchida

Ⓒ Miho Takaya

Ⓒ Yoshihiro Uchida

Ⓒ Miho Takaya

Ⓒ Miho Takaya

Ⓒ Miho Takaya

Ⓒ Miho Takaya

Ⓒ Miho Takaya

Ⓒ Miho Takaya

Ⓒ Miho Takaya

Ⓒ Yoshihiro Uchida

Ⓒ Yoshihiro Uchida

Ⓒ Yoshihiro Uchida

Ⓒ Miho Takaya

Ⓒ Yoshihiro Uchida

Ⓒ Yoshihiro Uchida

Ⓒ Miho Takaya

Ⓒ Miho Takaya

Ⓒ Yoshihiro Uchida

Ⓒ Miho Takaya

Ⓒ Miho Takaya

Ⓒ Miho Takaya

Ⓒ Miho Takaya

Ⓒ Miho Takaya

Ⓒ Miho Takaya

Ⓒ Miho Takaya

Ⓒ Miho Takaya