コンサート情報 MUSIC INFO(9/21号)

■Grimes

現在最もホットなアーティストの1人と言っても過言ではない、カナダはバンクーバー出身のグライムス。YouTubeを見れば、1週間前にアップロードされた「ジェネシス」が既に280万回も再生されるほどの人気っぷり。現在のYouTubeが持つ影響力を考えると、これはすごいことだ。彼女の名は、日に日に世界中に広がっているのだ。幕張で行なわれた音楽フェス、サマーソニックにも出演したグライムス、その姿を拝めばわかるが、なんといっても彼女は”カワイイ“のだ。音楽誌のみならずファッション誌などにも登場し、ひっぱりだこな状態。その魅力は、パッと見の可愛さだけでなく、”もっと見たい“”見ていて飽きない“美しさともいえる。しかも、どこか東洋的な美しさも兼ね備えている。だが、そのルックスのごとく、キュートな音世界を展開するのかと思いきや、彼女の繰り出す音世界は非常に解釈の難しいものだ。
グライムスはクレア・バウチャーのソロプロジェクト。バンクーバー生まれのクレアは、モントリオールの大学に通っていたころから作曲活動を始めた。そして、MVのディレクションにも大きく関わっているという彼女。そのMVから見えてくるもの―それは、対極にあるものを同じ場に提示するということ。自然の中にある不自然(非自然的なもの)、美しいものと醜いものの対比、美しいものが醜くなる瞬間。そういった映像がインダストリアルだったり、打ち込みのように音数が少ない音とエレクトロニックな音の対比、そしてキャッチーなヴォーカルとともに提示される。こうした対極にあるものから、彼女が描きたいもの…、解釈は聴き手に委ねられる。ひょっとしたらそれは日常かもしれないし、狂気かもしれない。
クレアは曲作りについて、こう述べている。「パーカッションの部分から決めていくの。ビートを見つけるのよ。テンポが決まったら、ブランクを埋めていく作業をするわ」。ビョークやエンヤにもなぞられる彼女の音楽は、ビートから作られていたのだ。
彼女が私達に届けたいものとは、一体何であるか。そんな謎を解き明かしに、ライヴに出かけてみるのも良いだろう。

〈文/板垣 有〉

日  時:9月21日(金)、22日(土)21:00
場  所:Lee’s Palace (529 Bloor St. W.)
入場料:$20
サイト:www.grimesmusic.com

■Gossip

ベス(Vo.)の存在感と器の大きさを体感すべし!

ジャンル:Dance Punk
日  時:9月29日(土)20:00
場  所: The Phoenix Concert Theatre (410 Sherbourne St.)
入場料:$25
サイト:www.gossipyouth.com

■Django Django

エディンバーグで結成・踊れるサイケ・カルテット

ジャンル:Neo-Psychedelia
日  時:9月29日(土)21:00
場  所: Wrongbar (1279 Queen St. W.) 
入場料:$14.50~
サイト:www.djangodjango.co.uk

■Jack White

The White Strips解散後もソロ&俳優業にも引く手あまた

ジャンル:Alternative Rock
日  時:10月3日(水)・4日(木)20:00
場  所: Sony Centre for the Performing Arts(1 Front St. E.)
入場料:$75
サイト:jackwhiteiii.com



←Editor's Blog 一覧へもどる