RYUS NOODLE BARに行ってきました!

トロントで巻き起こる空前のラーメンブーム!!!
新店がオープンするたびにすぐさま足を運ぶ人も多いのでは?実は私もその1人。というわけで、今回は6月29日に開店したトロントラーメン界のニューフェイス、RYUS NOODLE BARに行ってきました。

場所はチャイナタウンを少し東に歩いたボールドウィン通り。イタリアン、メキシカン、日本食…とバラエティ豊かなレストランが軒を連ねるエリアです。


和風ながらもシックな外観。一体どんなラーメンをいただけるのか...わくわくしながらさっそく入店。



うわ~超オシャレ!

これはラーメン屋さんなのか!?と思わずドキッとさせられるほど店内はすっごくオシャレなんです。

きっとラーメンだってステキなはず!!!

独創的なオリジナルラーメンを得意とするRYUS NOODLE BAR。どんなユニークなラーメンが出て来るのかと期待に胸を膨らませて待っていると...
なんといきなりサプライズ。
開店祝いのサービスで豪華な前菜がテーブルに届きました!


左から豚のチャーシュー、ローストビーフ、鶏胸肉のチャーシューです。私のお気に入りはチキンチャーシュー。真空調理により鶏胸独特のパサつきが全く感じられない鶏肉のチャーシューは、しっとりした食感がたまりません!

贅沢な前菜をいただいた後には、メインのラーメンへ。

まずは、味噌ラーメンに麻婆豆腐をのせた中華風のマーボタン麺。


とろっとした麻婆餡が、ちぢれ麺に絡まってまろやかな舌触りです。味噌の風味と麻婆豆腐のピリ辛の組み合わせが絶妙で、スープを飲み干したくなる一品です。

そしてこちらがRYUSイチオシのボリューム満点ラーメン!
ご覧の通り、ローストビーフを大胆に乗せた豪快ラーメンです。


分厚く噛み応えのあるローストビーフを口いっぱいに頬張って、ラーメンと一緒に楽しめるガッツリ系。とっても美味しくいただきました。

…ところが!!!
ただ普通に食べるだけじゃないのがRYUSのラーメン。ラーメンを半分食べたら、自由に選べる香味脂orタレをスープに加え、味を変えて楽しむのがRYUS流。


コじっくり炒めた生姜(上)、風味薫るラー油(左)、焦がしニンニク&エシャロットオイル(右)から選べるようになっています。

わたしのお気に入りは、炒生姜!生姜の香りが豚骨ベースのスープに馴染んで、さっぱりとした和風の味わいになります。

なんと、私がお邪魔したグランドオープン前日は、オーナーシェフの誕生日でした。
そしてこの日、お店で遭遇したのはジャズフェスティバルのためにトロントを訪れていたバンド山崎千裕 + Route 14 Bandさん!誕生日のお祝いにトランペット奏者Chihiroさんが即興で演奏を披露。彼女の生演奏がこんなところで聞けるとは感激でした!


ステキな時間を過ごさせて頂きました。
カナダラーメンの激戦区トロントに登場したRYUS NOODLE BAR。
その気になる味を体験してみませんか?



RYUS NOODLE BAR


【住 所】33 Baldwin St.

【連絡先】647-344-9306

【営業時間】火~土 11:00~23:00 / 日11:00~22:00



<記事:山田ひろな>