福岡発! トロントに日本式チーズケーキ店がオープン
Uncle Tetsu's Japanese Cheesecake

3月18日、アジアで人気を博している福岡発祥のチーズケーキショップ「てつおじさんのチーズケーキ(Uncle Tetsu's Japanese Cheesecake)」が、ベイ×ダンダスにオープンした。海外で8か国目となる新店舗で、北米では初めての進出となる。同店ではチーズケーキやマドレーヌなどの焼き菓子を、お客さんの目の前で作り販売している。店内はチーズケーキの甘い香りが広がり、焼きたてのケーキやマドレーヌがずらりと並んでいる。

Cheesecake $10
ソフトでライトな、ふわふわのスフレケーキ。甘さ控えめだから子どものおやつにもぴったり!

人気の秘密は、オーナーのてつさんが世界各国へ直接足を運び厳選したチーズ、バター、卵などこだわりの材料を使用していること。シンプルで味わい深いケーキ はオープンからたちまち話題となり、1時間待ちは当たり前の話題の店になっている。1日の生産量に限りがあるのでお早めに!

Madeleine $2.50
フランスの家庭でよく作られている真ん中がふっくらとしたタイプのマドレーヌ。トロントでは、ハチミツ味を販売


店内の窯で焼き上げること45分。いつでも焼きたてのケーキを販売している






ラスク、クッキーなど新しいスイーツも追加予定


できたてのチーズケーキを皆さんに

オーナー 溝上徹思さん

トロントを北米の第1号店として出店しようと思ったのは、単純にトロントが好きだ! と思ったからです。ほかにも、アメリカやブラジルを見て回りましたが、トロントは大都市のわりに素朴、「偉大なる田舎」というものを感じました。トロントには何かひっかかるものを感じて、その気持ちを大切にしてオープンまでいたりました。通常はビルや駅の一角にお店を構えていますが、今回は初めて路面店に挑戦。将来、人々が集まるモールへのオープンを考えており、この店舗は「北米で展開するための拠点」というつもりで始めました。

トロントやアメリカには、美味しい食材がたくさんあります。ここでその土地のものを研究して、土地にあったトップクラスのもの、安心で安全なものを使っていきたいです。また、販売方法にもこだわりがあり、どこの店舗でもその場で作ってその場で販売する、昔ながらのケーキ屋のスタイルを取り入れています。もちろん新鮮なものをお客さんに、という思いもありますが、大量生産の時代であえて手作りでこの売り方をしているのは、幼い頃に両親が洋菓子屋を営んでいたのが影響しています。できたてのものを販売すれば、そこは自然と人が集まる場所となって、大手にはない温かさが生まれると思います。 今後の目標は、トロントに2店舗増やすこと。そしてバンクーバーなどへのオープンを目指して日々研究を続けていきたいです。



Information


【住 所】598 Bay St.(地下鉄Dundas駅から徒歩3分)

【連絡先】647-941-1806

【サイト】www.uncletetsu-ca.com

【営業時間】毎日 11:00~23:00