人気焼き鳥居酒屋「ざっ串」オープン!!

みなさん、明けましておめでとうございます!2013年もbitsをよろしくお願いします!! 今回、bits編集部は12月末にオープンしたばかりの備長炭使用の焼鳥専門店「ざっ串」にお邪魔してきました。日本にいた頃は、ちょくちょく焼き鳥で一杯やってたな~なんていうあなた、必見です!

まずは、お店についての説明を。「ざっ串」は2004年にバンクーバーに1店舗目をオープン、現在はバンクーバーに3店舗を構える大人気店です。「ざっ串」では、北米では珍しい日本から取り寄せた備長炭を使っています。何といっても、炭の香りがいいですよね~。

トロント1号店の内装は、店長の玉那覇(たまなは)さんがデザインを手掛けて、スタッフ総出で改装したんですって! 玉那覇さんは、バンクーバーにある3店舗のうちの2店舗も同様に店舗のデザインから内装工事を手掛けたそう。何だか店長の域を超えてますよね、いや~、すごい!!

さてさて、さっそくお店に向かいましょう。こちらが「ざっ串」の外観です。お店はカレッジ駅からストリートカー東行きに乗って、シャーボーンの次、オンタリオで降りてすぐのところにあります。お店の目の前にストリートカーが止まるので寒い中歩かなくていいのが便利です!


お店に入ると「いらっしゃいませ~!!」と元気なスタッフの皆さんが出迎えてくれました。店内のインテリアには木材が多用されていて、あったか~い雰囲気。所々に飾られた、帯と和紙で作られたカラフルなモチーフがアクセントになっています。

驚きなのは、備長炭を使っているだけあって、煙の匂いがしないことです。(備長炭には、燃焼時に出る煙や匂いが少ないという特性があるそうです)これなら洋服や髪に匂いが付く心配もご無用です! 特に女性にはうれしいですよね。あー、お腹空いた~!! 何を食べようかな~。


お腹を空かせたbits編集部が最初に頼んだのは、店長のおすすめの4品(bits1月4日号掲載)から「ざっ串セット」と「生つくね」、「チーズもち焼き」の3品。数量限定の「プレミアムセット」はまたの機会にいただきます!


こちらが「ざっ串セット」。左からおろポンビーフ、もも(タレ)、にんにくの芽巻き、ピートロ(豚トロ)、梅しそ焼きの5本セット。私の中でのヒットはにんにくの芽巻きです! 薄い豚バラでにんにくの芽を巻いたものなんですが、豚肉のカリッとした歯ごたえの後に、にんにくのいい香りが漂ってクセになる美味しさ!!

こちらは「生つくね」。みなさん、生つくねとつくねの違いって知っていますか?普通のつくねはボイルしてから焼くという手順を踏むんですが、生つくねはボイルせずに直接炭で焼いてしまうんですよ!「ざっ串」の生つくねはタレと塩のほかに、チーズ、明太子、ガーリック、海苔マヨ、梅しそ、おろポンの6種類からトッピングが選べます。その中から今回は梅しそ(左)と明太子(右)をチョイス! いや~、幸せ!! さっぱりとした味わいで何本でも食べたくなっちゃいます!!

こちらはバンクーバー店で女性に大人気の「チーズもち焼き」。豚バラ肉で巻いたもちにチーズがとろ~り。もちを最大限に膨らませるように焼くには高度なテクニックが必要なんだそうです!
久々に食べる焼き鳥に思わずニンマリ。今回はソフトドリンクをいただいたのですが、やっぱりビールが飲みたくなりますね~!!

次にいただいたのは「地鶏の炭火焼き」。炭の香りを存分に楽しみたい方におすすめです。別皿に盛られたゆず胡椒との相性も抜群!

こちらは「明太キムチうどん」。明太子とキムチって合いますね~! だんだんお腹も膨れてきました。もう一品くらい頼もうかな~? そうだ! あれにしようっと!

最後に頂いたのは「味噌おでん盛り合わせ」。冬はやっぱり温かいおでんが食べたくなりますよね~! 味噌おでんはあまり食べたことがなかったのですが、味噌おでん、アリですね!! なかなかの美味でした!! 焼き鳥屋さんなのに串焼き以外のメニューも豊富ですよ~。
スタッフの皆さんの細やかな接客もとっても居心地がよかったです。明るい笑顔がキラッキラしてました!

ふぅ~、お腹いっぱい!! ご馳走様でした~! 今度はぜひ「プレミアムセット」にもチャレンジしたいです。皆さん、まだまだ続くトロントの冬、「ざっ串」の串焼きで身も心も温まってみてはいかがでしょうか。

<記事:本間由香里>




←Editor's Blog 一覧へもどる