オイスターやサーモンほか新鮮な魚介類が手に入る魚屋
Diana’s Seafood Delight
(2017年10月13日記事)

2101 Lawrence Ave E.

416-288-9286



日本人の食生活に欠かせないのが魚介類だ。しかし、トロントの土地は海に面していないため、日本のようにスーパーマーケットで新鮮なものを手に入れることが難しく、家庭で手軽にシーフード料理を食べる機会が少ないのでは。
今回紹介するDiana's Seafood Delightは、そんなトロントに住むシーフード好きの救世主とも呼べる魚屋さんだ。今回インタビューに協力してくれたクリスさんは、「1967年にモントリオールで始まったこのお店は、母親と兄弟2人の3人での家族経営をしています。トロントへ移ってからは、現在の場所で30年以上にわたって、地元の人々を中心に新鮮な魚介を提供しています」と話す。
特にオイスターが自慢で、カナダの東海岸やプリンスエドワード島などから仕入れた、約15種類ほどの多様なものが並ぶ。自らを「オイスター専門家だ」と呼ぶクリスさんのイチオシのオイスターは、これから秋にかけて一番うまみが増していくというブリティッシュ・コロンビア州産の「Valentines」。程良い甘みと磯の香り、そしてしっかりとした食感が特徴だ。オイスター以外の商品では、カナダの名物であるサーモンがオススメ。客層としてはアジア系のお客さんが多いことから、アジア人好みの脂が乗ったものを用意しているとのことで、サーモンは川を登る前の最も脂が乗った状態を仕入れることが多いのだとか。購入後にレジ横のカウンターで切り身にしてくれるので、魚をさばくのが苦手な人も安心だ。また、一般のスーパーマーケットではまず買えない、刺身用のサーモンを買うことができるのは非常にポイントが高い。



Diana's Oyster Tools! オイスターを楽しむための調味料やツールも充実!


オイスター専用のカッティングボードは店舗ロゴ入りの限定アイテム〈左〉/Oyster Board($9.99)、握りやすい持ち手が付いたオリジナルのオイスターナイフ〈右〉/Black Oyster Knife($4.99)

オイスターの殻を剥くためのナイフは、種類によって使い分けられるように4インチ、3インチ、2 ½インチなどがある/The Big Shucker($9.99)


オイスターに欠かせないカクテルソースもオリジナルを用意〈左〉/Cocktail Sauce($2.49)、ピリッとした辛味が効いたホースラディッシュソース〈右〉/Horse Radish($2.49)






▲オーナー クリス・ピパーギアズさん
シーフードへの情熱に溢れ、特にオイスターに関しての知識は豊富。お客様の好みに合わせた提案もしてくれる。



〈文/塚原さおり〉

Diana’s Seafood Delight

2101 Lawrence Ave E.

416-288-9286

月・土 9:00~18:00
火~金 9:00~19:00
 日   10:00~17:00