カナダの弁護士と日本の提携スタッフが、インターナショナルな訴訟問題に日本語で対応いたします。
Rogerson Law Group
ロジャーソン法律グループ
住所161 Bay St. 27th Floor, Brookfield Place. TD Canada Trust Tower, Toronto M5J 2S1
電話416-504-2259
FAX416-504-2249
サイトwww.torontolawyerjapanese.ca
就労ビザ、学生ビザ、観光ビザ、永住権、家族法(夫婦、親子、親戚の身分関係と財産関係)、子供の奪取をめぐるハーグ条約に関連する訴訟、相続手続き、遺言検認など、日本語が堪能なカナダ人弁護士と、日加両国の日本人スタッフが真心をこめて対応いたします。日本出発前、カナダ滞在中、日本帰国時、そして帰国した後もどうぞご相談ください。

ロジャーソン法律グループをお勧めする
5つの理由

1)【家族法とハーグ条約】
当グループの代表弁護士、アンドリュー・ロジャーソンは、2014年に初めて行われたハーグ条約に関する訴訟において、日本人を弁護いたしました。

2)【就労ビザと永住権取得】
就労・永住ビザ申請(各州ノミネーションプログラム、 特殊技能枠、カナディアンエクスペリエンス枠、住み込みナニー枠、 配偶者スポンサー枠)をお手伝いします。

3)【国境を越えての相続手続き】
日本国籍の方がカナダで生涯を閉じられた際、日本のご家族のご依頼に応じて、ロジャーソン法律グループが不動産や財産の相続手続と遺言検認をいたします。

4)【総領事館認定の国際法弁護士】
ロジャーソン法律グループは在トロント日本国総領事館から正式に認定されています。
ハーグ条約が日本で施行される前、総領事に詳しいご説明をいたしました。

5)【丁寧な日本語サービス】
当グループには日本語が理解できるカナダ人弁護士と、日本語が話せるサポートスタッフが日本とカナダにおります。通訳の手配もいたしますので、どうぞご相談ください。


ROGERSON LAW GROUP
Rogerson Law Groupは国際的に活躍する弁護士事務所です。

移住、家族法(特に離婚による子供の連れ去りを規定したハーグ条約)、国と国をまたぐ訴訟や、遺産相続(不動産含む)など、幅広い分野でサービスを提供しております。

カナダ国内に限らず、日本と国境をまたぐ案件であっても安心してご依頼ください。

_info1